自分に気付いてあげること

 最近Youtubeを始めました。  もうすぐ個展「Nana」が始まります。


 このことに関して二つ。  プライベートで写真を撮るときは、何を撮ってもいいんです。いいとか悪いとかうまいとか下手とかないんです。そういう条件下でたくさんの写真を撮るということは、いや、もう少し正確にいうなら、そのたくさん撮られた写真を改めて眺めることは、自分と対峙することに他ならないし、自分の内面に気付いてあげることそのものだなぁと、感じるわけです。  

 そして作品をまとめるときもやはり自分と対峙し、今まで整理しきれなかった感情を言葉にできたとき、自分に気付いてあげられたと実感します。  それに対してYoutube。こっちはどうも受け入れ難い。外面を受け入れなくてはならない。笑  僕が撮影した、この画面の中の男を落ち着いて客観視することの難しさたるや・・・。


 でも、これは一つの大きな気付きであると思う。うん。うまくいえないけど、この男とうまく付き合う方法を見つけよう。今まで40年以上付き合ってきたわけだし・・・。 個展情報 佐久間ナオヒト写真展 「Nana」  会期:2020年7月7日(火)〜7月19日(日) 開廊時間:13:00〜20:00(休廊日:7/13〜15)

入場料:無料

会場:YUKAI HANDS Gallery(ユカイハンズ・ギャラリー)  住所:112-0014 東京都文京区関口1-30-9 (MAP

有楽町線「江戸川橋駅」1a出口より徒歩10分 東西線「早稲田駅」1出口より徒歩10分 都電荒川線「早稲田駅」より徒歩7分​ https://www.yukaihands-gallery.net/62

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

noteを書こう!

というわけで、9月9日の僕の誕生日からnoteを始めました。  すでにいくつか書いてみましたが、アナリティクスをみるとwixでブログをやるよりも断然アクセス数が多い。  ユニークユーザーって言うんですかね、そういう人がみにきてくれてるみたいです。  そういうわけで、今後はこちらに記事を見にきてくれると嬉しいです。  しばらくは最新作「nana」のあまり話さないコンセプトや被写体との約束事

国立(くにたち)が好きだ。

誰にでも居心地の良い街や場所があると思う。  僕にとってこの街がそれだ。 国立駅の駅直結の商業施設に「スターバックスコーヒーnonowa国立店」があって、この文章をそこで書いている。  この店舗は世界で5番目、日本で初めての、「聴覚に障害のある従業員」を中心とした店舗だ。  ラナンキュラスで掲げた「ソーシャルデザイン」にぼんやりと思いを馳せた。 このお店には何回か来ているけれど、その度、いつも

漂えど沈まず - Floating Blue -

前回のブログを書いてから2ヶ月くらい経ってしまいましたが、その間僕が何をやっていたのか、のメモ。 6月 写真集・写真展の準備。仕事はほぼゼロ。だから逆に作家活動に力を入れることができた。今回の作品は、今までで一番イメージに近い形の表現ができたと思う。 7月 写真展。頭は準備とYoutubeに四苦八苦しながら充実した毎日を過ごした。下旬に差し掛かるも仕事はゼロ。でもやはり写真展をしたことで、いくつか

© 2023 By Henry Cooper. Proudly created with Wix.com