思いやるという事

 家族、恋人、仕事仲間。

 自分のことを思いやってくれてるなぁという接し方をしてくれる人はすごく「助かり」ますよね。


 僕もその人に思いやりを返すこともできるし、コミュニケーションとしてとてもいいと思うんです。自分からそういうコミュニケーションを取る時の勉強にもなるので、とても助かります。


 仕事でよくあることなのですが、例えば天気のいい朝のシチュエーションを撮影した写真があったとして、でもそれって本当は朝でもないし、自然光でもない可能性があるわけです。フレームの外側の世界は、写真だけを見ている人にはわからない。  「この写真なら自分にでも撮れる」と思わせるいい写真てありますよね。そういう写真と思いやりって似てるなって思ったんです。


 見えないところ、見えていないところにも、思いやりはあるし、高い技術があるわけです。  僕らは目に見えるものだけを評価してしまうものですが、たまには目に見えないものを考えてみることが、思いやるってことなのかなぁって。  自分の仕事のことを考えていたら想像が膨らみすぎました。  

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

noteを書こう!

というわけで、9月9日の僕の誕生日からnoteを始めました。  すでにいくつか書いてみましたが、アナリティクスをみるとwixでブログをやるよりも断然アクセス数が多い。  ユニークユーザーって言うんですかね、そういう人がみにきてくれてるみたいです。  そういうわけで、今後はこちらに記事を見にきてくれると嬉しいです。  しばらくは最新作「nana」のあまり話さないコンセプトや被写体との約束事

国立(くにたち)が好きだ。

誰にでも居心地の良い街や場所があると思う。  僕にとってこの街がそれだ。 国立駅の駅直結の商業施設に「スターバックスコーヒーnonowa国立店」があって、この文章をそこで書いている。  この店舗は世界で5番目、日本で初めての、「聴覚に障害のある従業員」を中心とした店舗だ。  ラナンキュラスで掲げた「ソーシャルデザイン」にぼんやりと思いを馳せた。 このお店には何回か来ているけれど、その度、いつも

漂えど沈まず - Floating Blue -

前回のブログを書いてから2ヶ月くらい経ってしまいましたが、その間僕が何をやっていたのか、のメモ。 6月 写真集・写真展の準備。仕事はほぼゼロ。だから逆に作家活動に力を入れることができた。今回の作品は、今までで一番イメージに近い形の表現ができたと思う。 7月 写真展。頭は準備とYoutubeに四苦八苦しながら充実した毎日を過ごした。下旬に差し掛かるも仕事はゼロ。でもやはり写真展をしたことで、いくつか

© 2023 By Henry Cooper. Proudly created with Wix.com