写真家が今できること

 コロナ禍で、フォトグラファーができることってなんだろうってずっと考えてました。

 その中の一つ、「CATCH LIGHT - A HUNDRED PHOTO EXHIBITION - 」をご紹介させていただきます。


https://hundredphotoexhibition.themedia.jp/post/8361180?categoryIds=2926488


 新型コロナ禍において、医療従事者の方々の頑張りは僕らに勇気と経済活動の自粛へのモチベーションをもたらしてくれました。しかし患者の受け入れを引き受けてきた医療機関は経営が悪化しているとも聞きます。  今後歓迎しない第二波に備えて、医療従事者の方々へのサポートと、僕ら市民の心のゆとりの為に、この活動に参加しています。


 著名な写真作家のプリントが、通常では考えられない価格でお買い求めいただけます。

 そしてその収益は、一部(経費)を除いた全ての売り上げが「公益社団法人 東京都看護協会」に寄付されます。


 是非この機会に、写真家と言われる方々のプリントと心のゆとりを手にし、医療従事者の方々の応援を、僕らと一緒にお願いいたします。


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

noteを書こう!

というわけで、9月9日の僕の誕生日からnoteを始めました。  すでにいくつか書いてみましたが、アナリティクスをみるとwixでブログをやるよりも断然アクセス数が多い。  ユニークユーザーって言うんですかね、そういう人がみにきてくれてるみたいです。  そういうわけで、今後はこちらに記事を見にきてくれると嬉しいです。  しばらくは最新作「nana」のあまり話さないコンセプトや被写体との約束事

国立(くにたち)が好きだ。

誰にでも居心地の良い街や場所があると思う。  僕にとってこの街がそれだ。 国立駅の駅直結の商業施設に「スターバックスコーヒーnonowa国立店」があって、この文章をそこで書いている。  この店舗は世界で5番目、日本で初めての、「聴覚に障害のある従業員」を中心とした店舗だ。  ラナンキュラスで掲げた「ソーシャルデザイン」にぼんやりと思いを馳せた。 このお店には何回か来ているけれど、その度、いつも

漂えど沈まず - Floating Blue -

前回のブログを書いてから2ヶ月くらい経ってしまいましたが、その間僕が何をやっていたのか、のメモ。 6月 写真集・写真展の準備。仕事はほぼゼロ。だから逆に作家活動に力を入れることができた。今回の作品は、今までで一番イメージに近い形の表現ができたと思う。 7月 写真展。頭は準備とYoutubeに四苦八苦しながら充実した毎日を過ごした。下旬に差し掛かるも仕事はゼロ。でもやはり写真展をしたことで、いくつか

© 2023 By Henry Cooper. Proudly created with Wix.com