写真にはエモさが必要だ

 当時僕は大学一年生で、学部のある静岡県三島市に住んでいた。  阪神淡路大震災が起きた。  それが正しかったことかどうかは別にして、車に水のペットボトルを満載にして現地へと向かった友人がいた。  僕はといえば、「何かやれること」を考えるだけで結局何もできなかった。  そして2011年、東日本大震災が起きた。  僕はすでにフォトグラファーとして活動していたし、家族も持っていたし、大学時代のあの頃より成長したつもりでいたのに、写真を撮るという僕の唯一の能力を社会的に活かすこともできずに、ただ悶々とした日々が続いていた。  「僕が唯一できることが、こんなに世の中の役に立たないなんて・・・。」  でも本当に最近、ようやく気がついたことがある。  というか、今日はっきり言葉として気がついて、メモをするように急いでこのブログを書いている。  使い古されて、美辞麗句みたいな言葉だけど、そして写真だけに限ったことではないけど、「感動は価値」だ。      

0回の閲覧

© 2023 By Henry Cooper. Proudly created with Wix.com