写真と言葉

最終更新: 2019年4月29日

 仕事として写真を撮る場合、またプライベートな作品制作においても、この問題はとても重要なことだと思う。


 写真を何のために撮っているのかを考えたとき、初めから終わりまで自分一人で完結するものであればこの問題と関係ないのかも知れない。だけどそういうケースは極めて少ないと思う。  人間は思考をするときに、脳内で言語を使うから、どうしたって言葉からは逃げられない。


 写真は俳句と似ていると僕は思っている。  無数にある組み合わせの中から選ばれた言葉(仕事であればコピーであり、作品であればタイトルである)と、際限なく広がる光を切り取った風景とを合わせる作業が、フォトグラファーがやる仕事なんだと常々思う。

0回の閲覧

© 2023 By Henry Cooper. Proudly created with Wix.com